Skip to content

2011年2月27日

サンタ・イネス農園

【生産国】ブラジル/Brazil
【生産地域】カルモデミナス/Carmo de Minas
【農園名】サンタ・イネス農園/Fazenda Santa Ines
【農園主】フランシスコ・イシドロ・ディアス・ペレイラ/Fransisco Ishidoro dias Pereira
【標高】1,000〜1,300m
【品種】ブルボン、アカイア、カトゥアイ、ムンドノーボ
【生産処理方法】パルプドナチュラル/Pulped Natural

【販売期間】2011.02.27~
【商品名】エスプレッソ

 いまやスペシャルティコーヒーの生産地として世界から注目されるブラジル/カルモ・デ・ミナス地域ですが、この地域で約100年前にはじめてコーヒー栽培をはじめたのが、このサンタ・イネス農園の農園主でもあるペレイラ一家です。このサンタ・イネス農園は、良質なミネラルウォーターの源泉地としても知られるマンティケイラ山脈の斜面に位置し、緯度と標高のバランスによる絶妙な気候が、この農園のコーヒーの持つ素晴らしい風味を生み出す一因となっています。 自然環境保護に努めるサンタ・イネス農園では、生産処理で使う水の再利用設備や、生産処理で排出されるコーヒーチェリーの果肉などの有機肥料化する設備も整っています。
 4世代に亘りコーヒー栽培の伝統を受け継ぐこのサンタ・イネス農園は、更なる品質向上のための最新の技術を取り入れながら、継続して高品質のコーヒーを産出できるように努めています。

Comments are closed.