Skip to content

2011年1月27日

サンフランシスコ農園

【生産国】グアテマラ/Guatemala
【生産エリア】サンタロサ県プエブロ・ヌエヴォ・ヴィニャ/Pueblo Nuevo Viñas
【農園名】サンフランシスコ・テクアンブロ農園/Finca San Francisco Tecuamburro
【農園主】セルジオ・バリジャス・エスカミジャ氏/Sergio Barillas Escamilla
【生産処理方法】フリーウォッシュト/Fully Washed and dried on patio
【標高】1,460 – 1,770m
【品種】ブルボン、カトゥアイ/Bourbon, Catuaí

【販売期間】2011.01.27~
【商品名】スマイル

19世紀後半からバリジャス一家によって代々コーヒー栽培が受け継がれてきたサンフランシスコ農園。
グアテマラのテクアンブロ休火山の噴火口(標高1,460〜1,770m)というこの農園のユニークなロケーションは高品質スペシャルティコーヒーの栽培に理想的な条件が揃っていると言われています。農園を覆いコーヒーを強い直射日光から守っているシェードツリーは、葉を落とした後も豊かな土壌に最適な腐葉土になる種類であり、またこの農園を水源として湧き出ている新鮮な水は生産処理に使用されるだけでなく、この地区全域の飲料水として供給されているほど豊かで良質のものです。収穫期になると完熟したコーヒーチェリーは手摘みによって丁寧に収穫され、更にそのなかでも完熟のピークのものが選ばれます。

Comments are closed.