Skip to content

2011年9月8日

エル・ナランホ・ディピルト農園

【生産国】ニカラグア/Nicaragua
【生産エリア】ヌエバ・セゴビア県ディピルト/Dipilto, Nueva Segovia
【農園名】エル・ナランホ・ディピルト農園/Finca El Naranjo Dipilto
【農園主】ルイス・エミリオ・ヴァジャダレス/Luis Emilio Valladarez
【生産処理方法】フリーウォッシュト、天日乾燥/Washed y Sun
【品種】マラカトゥーラ/Maracaturra
【標高】1,100m

【このコーヒーのフレーバーの特徴】
メロン、マンゴ、ヴェリースゥイート、ロングアフターテイスト

【販売期間】2011.09.08~
【商品名】ニカラグアCOE エル・ナランホ・ディピルト

今年2011年4月に行なわれたニカラグア・カップ・オブ・エクセレンスで見事受賞を果たした「エル・ナランホ・ディピルト農園」のコーヒーがいよいよ販売開始です!

ホンジュラスとの国境に近いニカラグア北部ヌエバ・セゴビア県「ディピルト(Dipilto)」はCOE受賞農園が多いことでも知られる素晴らしいスペシャルティコーヒーの産地です。このディピルトでコーヒー農園を経営するルイス・エミリオ・ヴァジャダレス氏はニカラグアの農業学校を卒業した農業技師でもあり、複数の農園を経営する経営者でもあります。実は現在ヴォアラ珈琲で発売中で人気の高い「ブエノスアイレス農園」もルイス・エミリオ・ヴァジャダレス氏の農園。「ブエノスアイレス農園」ではカトゥーラという品種を、この「エル・ナランホ・ディピルト農園」では「マラカトゥーラ」というニカラグアで初めて栽培された品種を栽培しています。少し大きめの豆の「マラカトゥーラ」で見事今年のカップ・オブ・エクセレンスを受賞した「エル・ナランホ・ディピルト農園」を是非この機会にお楽しみください。

Comments are closed.