Skip to content

2010年6月23日

アチェ/タケンゴン

【生産国】インドネシア/Indonesia
【生産地域】アチェ州タケンゴン/Takengon, Aceh Province, North East Sumatra
【標高】800〜1,500m

【販売期間】2010.06.23~
【商品名】インドネシア

★2010年11月、ヴォアラ珈琲オーナー井ノ上とバリスタ竹元が視察に訪れたインドネシア/アチェ州タケンゴンからコーヒー豆が届きました!

コーヒーの生産量世界第4位のインドネシア。その生産量全体の約10〜15%と非常に少ない割合ですが、個性的で素晴らしい風味のアラビカ種を産出することでも知られています。「インドネシア」として今回ヴォアラ珈琲がお届けするのは、スマトラ島北西部にあるアチェ州タケンゴンと呼ばれる地域の小規模農家がつくるコーヒー豆です。生産処理から選別まで伝統的な手作業で行なわれることで、さまざまなハーブを感じさせるアロマ、フルボディー感、酸味が少なくリッチなフレイバーといったインドネシアのアラビカ特有の風味を生み出しています。

ヴォアラ珈琲がお届けするインドネシア産コーヒーは、日本の食品精製法に基づいた厳しい検査基準(残留農薬の有無など)をすべてクリアしております。安心してお楽しみください。(厚生労働省登録検査機関:日本エコテック株式会社による検査済み)

Comments are closed.