最新情報

HARIO V60

V60の特徴

お湯の注ぎ加減で味を変えられる「 円すい形と大きな1つ穴 」

ハリオV60シリーズのドリッパーは、「円すい形」と「大きなひとつの穴」で、お湯を注ぐ速度によってコーヒーの味に変化をもたせることができます。素早く注げばすっきり味、ゆっくり注げばコク深い味、といったようにお湯を注ぐ速さ/加減で味に変化をつくることができるので、同じコーヒー豆でも、その時の気分で、違った口当たりを楽しむことができます。

しっかり空気が抜けるカタチ「 スパイラルリブ 」

ドリッパー内部のリブ(凸部)を高く上部まで付けることで、フィルターペーパーとドリッパーの密着をふせぎ、空気の抜ける空間をつくります。蒸らしの際にこの隙間から空気が抜けることで、コーヒー粉がしっかりとふくらみます。


 

コーヒーの分量

コーヒー豆10gに対して出来上がり量を150cc(比率1:15)をオススメしております。挽き具合はペーパーフィルターに合わせた中細挽きです。今回は30gの粉を使い、450gの出来上がり量でいれていきます。

いれ方

1. ペーパーを折ります。

 
2. ドリッパーにセットします。
 
3. 中細に挽いたコーヒーを入れます。
 
4. 少量のお湯を粉全体にかけます。(沸騰したお湯を使ってください)

ポイント!!なぜ沸騰したてのお湯がいいのか?

コーヒーを抽出する際にお湯の温度が高ければ高いほど香りも引き出す反面、雑味まで出てしまいます。しかし、ヴォアラ珈琲で扱う「スペシャルティコーヒー」の品質は雑味が極めて少ないコーヒーですので、沸きたてのお湯を使用していただくことをお勧めしています。日常的に飲むコーヒーだからこそ、毎回お湯の温度を気にする必要もない方がストレスフリーでいいですよね♫
 
5. 30秒ほど蒸らします。

ポイント!!なぜ蒸らしが必要なのか?

蒸らしの時にコーヒーが膨らむのは、お湯とコーヒーが触れ合った際にコーヒーに含まれるガスが放出されるからです。ガスを出すことでお湯がなじみ、コーヒーの美味しい成分を引き出す準備運動みたいなものです。
※新鮮な豆ほどガスを含んでいますので膨らみやすいですが、焙煎度合いでも膨らみ方が変わってきますので『膨らまない=新鮮ではない』とは一概には言えません。
 
6. 中心に静かにお湯を注ぎます。
 
7. コーヒーがポタポタ落ち始めます。
 
8. 中心から外側へ渦を描くようにお湯を注いでいきます。
 
このとき外側の壁にお湯をかけないよう気をつけてください。外側にかけると、コーヒーにあまり触れずに、薄いお湯だけがドリッパーをつたってサーバーに落ちていきます。
 
9. サーバー内のコーヒーが目的の量に達したらドリッパーを外します。
 
10. お気に入りのカップに注いで出来上がり。

PAGE TOP